学研CAIスクール東久留米滝山校は経済産業省おもてなし規格認証登録企業です
学研CAIスクール東久留米滝山校は経済産業省おもてなし規格認証登録企業です

指導方針

個別指導塾の学研CAIスクール東久留米滝山校では、子供への愛情溢れる講師陣によるきめ細やかな指導で生徒の向学心、勉強の楽しさを引き出します。入塾後、教科書に準拠した学研の学習システム「VICTORY」とワークに基づいた個人学習計画を策定します。それまでの単元で理解度が不足している生徒については遡って学習することができる補習塾・進学塾です。中学受験・高校受験にもきめ細かく対応します。

>>詳しく読む


塾長執筆ブログ

東久留米便利帳

学習習慣の身につけ方

・学習する時間を決める

・いろいろなところに学習教材を置いておく

・細切れの時間にも学習する

・学習用の紙と鉛筆を携帯する

・学習場所に図書館など利用する

・友だちと問題を出し合って学習する

・学習雑誌などの懸賞問題にチャレンジする

 · 

free のはなし

こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。

中2英語教科書に、 Paul が 久美 の土曜日の予定をたずねる会話に、
Are you free on Saturday?
(土曜日、暇?)
という台詞があります。

この形容詞 free は、「自由な、無料の、(危険・制約などが)ない、暇な、固定していない、(慣習・権威などに)とらわれない、(度を超すほど)物惜しみしない」などの意味で、さらに、その後に 前置詞 を伴う表現があります。

それらを ロングマン英英辞典 で拾ってみると、
[+from]
Newspapers today are entirely free from government control.
(現在の新聞は政府の統制を全くうけていない)

All our drinks are free from artificial colourings.
(すべての飲み物に人工着色剤を使用していません)

[+of]
I longed to be free of my family.
(私は家族から自由になることを切望していた)

At last she was free of pain.
(やっとのことで彼女は痛みに悩まされなくなった)

(これらの +from と +of の使い分けについて、 現代英語語法辞典 に、
[+from]
苦痛、困難など人間にとって不快なことから逃れることを意味する場合は from が適切

[+of]
「...を免除された」、「...を被らない」の意味では常に of を伴う。あるものが欠けていたり、それが取り除かれた状態をいう場合も of を用いる傾向がある。

ただし、慣用的な表現以外では、free from/of の意味用法の相違は明確でなく両者を交換して用いることも可能であると解説しています)

[+with]
He seems to be very free with other people’s money.
(彼は他人のお金を使うことにとても無頓着なようだ)

She is always free with her advice.
(彼女はいつも忠告(だけ)はしてくれる)
などがありました。

また、中3の教科書には、
Black people were free to sit anywhere.
(黒人はどこの席にでも自由に座ることができた)
という文があり、 この be free to-不定詞 は、「自由に~することができる」を表します。


頭に入れておくと役に立つかもしれません。


学研CAIスクール 東久留米滝山校
https://caitakiyama.jimdo.com/
TEL 042-472-5533