学研CAIスクール東久留米滝山校は経済産業省おもてなし規格認証登録企業です
学研CAIスクール東久留米滝山校は経済産業省おもてなし規格認証登録企業です

指導方針

個別指導塾の学研CAIスクール東久留米滝山校では、子供への愛情溢れる講師陣によるきめ細やかな指導で生徒の向学心、勉強の楽しさを引き出します。入塾後、教科書に準拠した学研の学習システム「VICTORY」とワークに基づいた個人学習計画を策定します。それまでの単元で理解度が不足している生徒については遡って学習することができる補習塾・進学塾です。中学受験・高校受験にもきめ細かく対応します。

>>詳しく読む


塾長執筆ブログ

東久留米便利帳

学習習慣の身につけ方

・学習する時間を決める

・いろいろなところに学習教材を置いておく

・細切れの時間にも学習する

・学習用の紙と鉛筆を携帯する

・学習場所に図書館など利用する

・友だちと問題を出し合って学習する

・学習雑誌などの懸賞問題にチャレンジする

 · 

of course のはなし

こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。

中1英語教科書の “Alice and Humpty Dumpty”(アリスとハンプティ・ダンプティ)と題する読み物のなかに、
“Does a name mean something?” she asked.
(「名前は何かを意味するの」と彼女(アリス)は尋ねた)
Of course it does.My name means my shape.”
(もちろんさ。私の名前は私の形を表しているんだ)
という会話があります。

この of course は、オックスフォード実例現代英語用法辞典 によると、 「誰もが知っているように」(as everybody knows)、「明らかなように」(as is obvious)と似た意味で用いられるとあり、例文として、
It looks as if the sun goes round the earth,but of course that’s not true.
(太陽が地球の周りを回っているように見えるが、誰もが知っているように、それは間違えだ)
を挙げています。

また、 of course は依頼に対する丁寧な返事としても用いることができるとあり、例文として、
“Could you help me?” “Of course.”
(「手を貸していただけますか」「もちろんです」)
を挙げています。

さらに、相手が事実を述べた場合に対する返事として of course を用いると、あまり丁寧に響かないことに注意する必要があるとあり、例えば、
“It’s cold.” “It certainly is.”
(「寒いですね」「本当に寒いですね」)
という会話で、返事を
Of course it is.”
とすると、相手が言う価値のないほど明白なことを言ったと受け取られかねないので、きわめて無礼な返事になる可能性があると記しています。


頭に入れておくと役に立つことがあるかもしれません。


学研CAIスクール 東久留米滝山校
https://caitakiyama.jimdo.com/
TEL 042-472-5533